2008年12月06日

フランスの裁判所、アダルトアニメを児童ポルノと認定

 日本のアダルトアニメを輸入販売したフランスの業者が、児童ポルノを禁止する刑法に違反したとして有罪判決を受けていたようです。

 この事件で問題になったのは、『淫獣聖戦』シリーズに登場する「鬼麿」という登場人物。設定では18歳であるものの、見た目は子供。その「鬼麿」が作中で成人女性と性的関係を持つことから児童ポルノと判断され、輸入・販売業者たちが起訴されました。

 『淫獣聖戦』を観たことはありませんが、以下のファンサイトで作品の概要を知ることができます。「鬼麿」の画像もあります。

天津姉妹ファンの部屋(年齢確認あり)

 第一審・控訴審ともに有罪としたため、業者は上告。民事および刑事事件を管轄するフランスの最高裁判所、破毀院は2007年9月12日の判決で『淫獣聖戦』を「クロ」と判断し、業者たちへの1500ユーロの罰金刑が確定しました。

 児童ポルノに関するフランス刑法の条文と、破毀院の判決を以下にご紹介。専門家ではありませんので、誤訳が多々あるかと思いますが、なにとぞご容赦。


続きを読む
posted by administrateur at 06:47| Comment(61) | TrackBack(0) | Anime en France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

フランス人の『孤独のグルメ』評

 なんか最近オーストラリアに対する印象が物凄く悪くなったんですけど。

 『孤独のグルメ』評をOrient Extrêmeからご紹介。谷口作品は、マンガと言うよりバンド・デシネとしてフランスで高く評価されている模様。

 気取っていて、繊細で、量が少なくて、どこかよそよそしい、いわゆる「フレンチ」よりも、気楽で、豪快で、大盛りで、庶民的な、「本来の」フレンチの方が好きです。

〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:46| Comment(12) | TrackBack(1) | Anime en France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

フランス人の『太陽の王子 ホルスの大冒険』評

 あけましておめでとうございます。

 Buta Connectionのニュースによると、高畑監督の来歴と作品を論じる本が昨年10月にイタリアで出版された模様。著者は映画批評家・作家のMario A. Rumor氏、題名は“The Art of Emotion - Il cinema d’animazione di Isao Takahata”。9年がかりで書かれた欧米で初の高畑監督作品論(400頁)とのこと。序文は『アズールとアスマール』のミシェル・オスロ監督。
出版社の紹介頁(表紙画像あり)  この本に関する英文記事

 Buta Connectionから『太陽の王子 ホルスの大冒険』評をご紹介。

 『太陽の王子 ホルスの大冒険』は2004年2月にフランスで劇場公開されています。この作品を劇場公開した国は、フランス以外にあるんでしょうか?

 社会主義リアリズムにインスパイアされたと思しき作品全体の演出もさることながら、ソヴィエトっぽい間宮芳生氏の音楽がレトロで良い。「行けー走れーホル〜ス〜♪光る明日目指〜し〜♪」 この頃の「明日」は明るかったのだなぁ。

 その時代時代の野心に燃える若きアニメーターたちが奮闘して、1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』が、1987年には『王立宇宙軍〜オネアミスの翼』がそれぞれ生まれたわけですが、これら二作品に続く作品は生まれる(or生まれた)のでしょうか?

 ホルスはノーパン。

〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Anime en France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

フランス人が選ぶ2007年ベストアニメ

 AnimeKaのフォーラムより、フランス人のオタクが選んだ2007年のベストアニメをご紹介。

 ただし、あくまで2007年10月〜12月での集計であること、英語圏と比べて「時差」が大きいこと、一サイトからの集計でありあまり一般化はできないこと、参加者数が多くはないこと、等を考慮してご覧ください。

 ベスト3をそれぞれ挙げ、一位は3点、二位は2点、三位は1点として集計し、合計点でランク付けするというものです。

 ちなみに2006年のベスト3は以下の通りだったようです。
@37点 DEATH NOTE
A33点 ノエイン もうひとりの君へ
B24点 Ergo Proxy

 皆様、よいお年を。

〜以下、2007年の集計結果。
続きを読む
posted by administrateur at 22:24| Comment(5) | TrackBack(1) | アニメランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

フランス人の『おもひでぽろぽろ』評

 先日、初めて三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。迷路のような展示を楽しみまくり、カフェでビール「Kaze no Tani」を飲み、「星をかった日」の美しい映像に心洗われました(一緒に行った人には不評でしたが・・・)。

 意外だったのは、館内の使用言語が日本語のみであること。展示物(特に常設展示「映画の生まれる所」)や上映作品の面白さが、日本語を理解しない外国人にはかなり伝わりにくいのではないか、せめて英語の説明文や字幕はつけられないのかなぁ、と思いました。

 それはともかく、『おもひでぽろぽろ』のフランス人評をご紹介。

 フランス語圏で最大かつ最も詳細なジブリ作品総合サイト、BUTA Connectionから翻訳と掲載の許可を頂きました。日本語で大変丁寧な返信がきて驚きました。

 『おもひでぽろぽろ』は、フランス語字幕版DVDが『Omoide poroporo』の題名で今年10月にBuena Vistaから発売。仏題は『Souvenirs goutte à goutte』と呼ばれることも多いようです。

 『おもひでぽろぽろ』の、現在−過去や現実−空想の交換と混濁、郷愁を誘う巧みな演出、味わい深いラスト等は、日本人でなくても心動かされるはず。また、冒頭の小津安二郎風オープニングからして嬉々としてしまうフランス人もいるかも。

 でも、あの「ET」だけはよく分からん・・・。

〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 23:50| Comment(6) | TrackBack(1) | おもひでぽろぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

続・英国旗変更問題

 ああ、ついにイギリス「高級紙」の記事に2ちゃんねるのAAがデカデカと・・・。

 英国旗変更問題自体にはあまり興味がなかったのですが、2ちゃんねるで作成されたデザイン案がデイリー・テレグラフ紙に取り上げられた件では大笑いしました。好きな英国旗を選ぶ投票もやっています。

 ・英国旗「ユニオン・ジャック」がウェールズ国旗を組み入れたデザインに変更か(痛いニュース様)
 ・イギリス人「JAPが国旗の解決案を提示してきやがった!」 ねらーの送ったデザインが掲載される(へいわぼけ様)
 ・自分の好きな英国旗デザインを選ぶ投票所(デイリー・テレグラフ紙)
 (↑4chで「グレンラガンの旗に投票しよう」と呼びかけられてから14番目の旗が超人気)

 しかし、その後掲載されたデイリー・テレグラフ紙の12月6日の記事↓はあまり話題になっていないように思えます。

 ・「英国旗にバスター・ブラッドヴェッセルを、と日本人は望んでいる」(デイリー・テレグラフ紙)

 この酷い(笑)記事をご紹介。

 執筆した記者が参照した2ちゃんねるのスレッドがどれなのかはわかりませんが、明らかにこの記者は2ちゃんねるについての知識が欠けており、書き込みの意図や文脈を誤解しているように思われます。いやだって最後のAAはオプーナでしょう?(激しく笑ったけど) Good Jobもブラッドヴェッセルも英国旗の案として書き込まれたのかどうか・・・。国旗案として書き込まれたとしても、それを記事にしてしまうとは・・・。


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 変なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

アメリカ:漫画・アニメも児童ポルノに?

 専門家ではないので間違いがあるかもしれませんが・・・。

 この程アメリカ下院が可決し、漫画・アニメまで規制対象になるのではないかと懸念が示されている、アメリカのSAFE法(SAFE法なんて語呂合わせする馬鹿らしさが「正義の国」メリケン国らしくて良い)の原文を見てみました。

マンガポルノも対象:米下院、「ネット上の猥褻作品に罰金30万ドル」法案を可決

「ネット上の下劣な表現から青少年を保護する法律」、通称SAFE法の原文


続きを読む
タグ:児童ポルノ
posted by administrateur at 20:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 変なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

フランス人の『ローゼンメイデン』評

 英語版wikipediaの『もやしもん』のページ見てみたら、トリヴィアとして「農学部の建物はポルトガルのコインブラ大学とほぼ同一のもの。時計塔の旗もポルトガル国旗と色の構成が同じ」とありました。コインブラ大学行ったことあるけど、全然気がつかなかった。ってゆーかコインブラの雰囲気と『もやしもん』の雰囲気のギャップに吹いた。

 それはともかく、Orient Extrêmeの評者によるローゼンメイデン(第一期)評をご紹介。

 ローゼンメイデン第一期はKaze社がライセンスを取得し、今年7月にフランス語吹き替え版が発売されています。

 「乳酸菌摂ってるぅ?」はどう訳されたのでしょうか・・・。

 Ijime、Hikikomori、kawaiiは最早国際語。

〜以下、訳。
続きを読む
posted by administrateur at 21:30| Comment(2) | TrackBack(2) | ローゼンメイデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

フランス人の『人狼 JIN-ROH』評

 フランス人の『人狼 JIN-ROH』評をご紹介。

 登場人物の名前を間違っていたり、注や注番号が混乱していて、「ちょっと落ち着け」と言いたくなる批評なのですが、とにかく感動したようです。

 *その後、DVDが再販され、それに合わせてこの批評も多少訂正されておりましたので訳も訂正いたしました。内容はほとんど変わりません。[12月9日]


〜以下、訳。
続きを読む
タグ:人狼
posted by administrateur at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 人狼 JIN-ROH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

フランス人の『のんのんばあとオレ』評

 『のんのんばあとオレ』は本当に味わい深い作品で良いと思います。

 2007年度アングレーム国際バンド・デシネ・フェスティヴァルで、最優秀コミック賞を受賞したことにより、この作品と水木御大のフランスでの知名度がグンと上がったようです。Amazon.frやブログを散見した限りでは好評の模様(29ユーロという値段の高さについては不評)。

 Cornélius社の公式HPで、フランス語版『のんのんばあとオレ』(NonNonBâ)が一部紹介されています。これをみると、絵と一体化した擬音はそのままにして、コマとコマの間に小さく訳語を載せているようです。しかし、全ての擬音を訳したわけではないようにも見えます。同社からは今年に入って『ゲゲゲの鬼太郎』もKitaro le repoussant(敢えて訳すなら『鬼太郎・嫌な奴』?)の題名で翻訳版が三巻まで出ているようです。

〜以下、訳

続きを読む
posted by administrateur at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | のんのんばあとオレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。