2007年08月02日

フランス人の『コードギアス』評(2)

 Orient Extrêmeの評者による『コードギアス』評をご紹介。23話までの時点のものです。やけに内容が難しくて何回か途中で投げ出しましたが、やっと訳し終えました。怪しい部分が何箇所かありますが・・・。

 ランペルージ(Lamperouge)ってフランス語でランプ・ルージュ(lampe rouge)だとすると、「赤い灯火」とか「赤いランプ」という意味になるかと思いますが、なにか意図があるんですかね。


〜以下、訳

続きを読む
posted by administrateur at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | コードギアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

仏人オタクの『コードギアス』評

 ゴールデンウィークも終わりですね・・・。

 そんなことより、フランス人のオタクによる『コードギアス 反逆のルルーシュ』評をご紹介であります!

 体制打倒派と体制改革派、占領者と被占領者、反乱派と恭順派、演技と本性、純血と寛容、民族主義と普遍主義・・・というような様々な二項対立が錯綜し、軽やかに疾走するこの作品、なかなか厄介だと思うのですが、普通に楽しまれているようです。
 
 ただ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の海外反響を既に紹介しているページ(Moonlight Fantasia様)にもあるように、他のメジャー作品ほどの知名度や人気はまだ無いようです。

 AnimeKaとAnime-Kunから作品紹介のページに投稿された批評(といっても感想程度のものですが)を三つ。興奮ぶりが伝わってきます。でもなぜか「スタジオ・CLAMP」・・・。


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。