2007年07月28日

必見:『アズールとアスマール』

 AnimeKaのトップページで今月やっているアンケートの途中経過をご紹介。

質問:ジャパニメーションに対する一般人のイメージは良くなったと思いますか?
 A はい、お陰で自分もカミングアウトできるようになった。
 B いいえ、ジャパニメーションは今も評判が悪い。
 C 良くなったが、微々たるもの。

回答結果:A=1651票(32.0%) B=585票(11.4%) C=2917票(56.6%)
回答総数:5153票(7月28日現在)

 二重投票もあるであろう一サイトのアンケート結果を基に何かを言う、というのは危険なことかもしれませんが、敢えてそうするならば、フランスでアニメ愛好者であるということは、カミングアウトするかしないかに関わるような「深刻な」問題であった、と言うことができると思われます。しかも、過半数の人は未だイメージ改善の程度は「微々たるもの」と考えているようです。アニメの人気が高いとは言え、アニメ愛好者の意識も、アニメに対するフランス社会の目も、そう単純ではなさそうです。

 しかし、もしアニメに対するフランス社会の目が完全に肯定的なものになってしまったとしたら(そんなことはありえないでしょうが)、今のようなアニメ人気は持続するのでしょうか?


 そんなことより、ミシェル・オスロ監督の最新アニメーション映画、『アズールとアスマール』(Azur et Asmar)を観ました。是非是非お奨めしたい映画です。

 フランスでは2006年10月に公開され大ヒット。日本アニメのような激しい展開や作画で見せてくれる映画ではありませんが、穏やかにそして美しく、社会的なテーマを扱っています。

続きを読む
posted by administrateur at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Anime en France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

フランス人の『時をかける少女』評(2)

 日本を中心として、広くアジアの映画・マンガ・アニメーション・音楽・文学を批評するフランス語サイト、Orient Extrême(敢えて訳せば「東極」あるいは「過激な東洋」?)から、翻訳と掲載の許可をいただきましたので、『時かけ』評をご紹介。

 「過激主義者」を名乗るOrient Extrêmeの批評者たちは、新聞の批評担当者のようなプロフェッショナルではないようですが、それぞれの批評の内容にはかなり気合が入っています。

 例のシークエンスで「魅力を危うく失いかけた」という指摘に激しく同意。

〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時をかける少女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

フランス人の『時をかける少女』評

 『時をかける少女』がフランス公開されて一週間以上が経ちました。上映している劇場も29から25に。また、公開中の映画ランキングでは、初めは上位10位中7〜8位でしたが、今や圏外です。

 ぼちぼち出始めた一般のフランス人の感想を、アロシネからご紹介。Kitanofil(北野好き)とかKamenRiderV3とか、凄い名前使ってるな、と。 


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時をかける少女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

フランス人の『ラピュタ』性的解釈論争

 『天空の城ラピュタ』についてのフランス人の解釈論争を、映画総合サイト「アロシネ」のスレッドから抜粋してご紹介します。

 作る側の欲望が先なのか、観る側の欲望が先なのか、鶏とタマゴ。

 「ナウシカノーパン伝説」論争との姉妹編?

〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 天空の城ラピュタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

『時をかける少女』フランス公開

 『時をかける少女』のフランス公開が、昨日4日から全国29の映画館で始まったようです。

 仏題は” La Traversée du temps”。”La Traversée”には「少女」というニュアンスは無いと思われるので、直訳すると『時をかける』?
 追記:素直に直訳すれば『時間の横断』ですね・・・。難しく考えすぎでした。あなはずかし。

 フランス公式HPはこちら

 フランス版予告編はこちらYoutubeにもあがってました)。

 予告編の真琴の声がオバサン臭くてギャフンとなりましたが、フランス人も逆上してアロシネのコメント欄で乱射大会となっておりました。
 「ウワーフランス語吹き替え版・・・」
 「信じられん!この吹き替えはなんだ!」
 「吹き替え版とオリジナル版が公開されるからパニックになるな!」
 「確かに声は酷いが映画は悪くなさそう。とにかく見に行かないと。」
 「どうでもいい友達の紹介だけでどんな映画だかわからんじゃないか!とにかく、あんな声は17歳じゃない!!」
 などなど・・・。

 では、映画専門総合サイト・アロシネから、『時をかける少女』に関するプレス評(抜粋)をご紹介します。総合で三ツ星なので、「良」程度の評価ということでしょうか。

〜以下、訳。


続きを読む
posted by administrateur at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 時をかける少女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

20年前:『うろつき童子』の衝撃

 「アニメ鑑賞ガイド」の作成者、Metallord氏が、20年前にアニメに初めて接した時代についての記事をご紹介します。この記事を、フランス語圏総合アニメサイトAnimeKaのスタッフは次のように紹介しています。

「20歳以下の人が知り得ない時代について語ります。

 そうです。新着記事は20年前のことについて扱っています。
 我らのMetallordが、過ぎ去った時代、即ち、『キャンディキャンディ』や他のテレビアニメの創世記について、語ってくれます(なんて昔の話でしょう)。
 まだ漫画があまりに酷い評価を受けていなかった、古き良き時代。
 昔の思い出に浸り、若い人向けに、フランスにおけるジャパニーズ・アニメーションの登場とその受け取られ方を理解するための記事です。」

 Metallord氏って一体何歳?

〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うろつき童子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

フランス人による「アニメの感情表現」ガイド(2)

 「アニメの感情表現」ガイド、後半をご紹介します。

 イサミのビビリ顔がかわいい。

 画像が見にくい方は参照先のページをご覧ください。


〜以下、後半の訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アニメ鑑賞ガイド」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

フランス人による「アニメの感情表現」ガイド(1)

 フランス語圏アニメ総合サイトAnimeKaに投稿された、金属殿様(Metallord)氏作成「アニメ鑑賞ガイド」の第三弾をご紹介します。

 但し今回は、「ガイド」とは銘打たれていません。「ジャパニメーションにおける『変な』感情表現」という題名です。まずは前半です。

 よくある漫画・アニメ論の一つとして、漫画・アニメの起源を日本の歴史性に求める主張(『鳥獣戯画』とか)がありますが・・・、うーん、どうなんでしょう・・・。

 これまでの「鑑賞ガイド」でも明らかですが、80年代から今現在放送中のアニメまで本当にたくさんのアニメに詳しい金属殿様(Metallord)氏、相当なオタクと思われます。本人にコンタクトを取ったところ、これまでの翻訳記事で「引用画像を使っていないのは残念」ということでしたので、今回は画像を掲載することにしてみました。一律に圧縮しておりますので、あまりに小さくて見にくい方は参照先を開いてご覧ください。


〜以下、前半の訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アニメ鑑賞ガイド」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

セゴレーヌ・ロワイヤル氏によるアニメ糾弾(7)

 しばらく放置しておりましたセゴレーヌ・ロワイヤル氏のアニメ批判、今回は日本の「暴力的なアニメやポルノ」と、猟奇的・凶悪事件との関連性についての主張です。

 事実上の夫、オランド社会党書記長と別れたようですね。次の大統領選挙にも出馬すると宣言しているようですが・・・。

 日本に対する酷いイメージを、疑うことなく抱き続けることができるというのは、ある意味「凄い」ことだと思います。


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロワイヤル氏のアニメ批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

フランス人のWOLF'S RAIN評

 WOLF’S RAINについてのフランス人の批評をご紹介いたします。

 フランスでWOLF’S RAINは一時期人気が非常に高く、2003-2004年の雑誌でのアニメ人気投票で一位でした。しかし、その後の投票結果にまったく登場しないところを見ると、急激に人気が高まり、急激に人気が冷めた作品と言えるかもしれません。

 総集編連続四編ってのが一番痛かったようです。輪廻転生もあまり伝わっていない様子・・・。

 ご紹介する批評はAnime-Kunから。投稿順です。評価も分かれており、平均点は10点中6.8点です。


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | WOLF'S RAIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。