2007年05月11日

セゴレーヌ・ロワイヤル氏によるアニメ糾弾(3)

 先のフランス大統領選挙で落選、早くも社会党内から不満の声が上がっているというセゴレーヌ・ロワイヤル氏の、日本のアニメに対する昔の見解を続けてご紹介いたします。

 作品名を調べるのに骨が折れました。

 今回の内容に関しては、All About「次期フランス大統領は日本文化がお嫌い?」でもロワイヤル氏の本の同箇所について言及されています。


〜以下、訳


続きを読む
posted by administrateur at 21:20| Comment(1) | TrackBack(0) | ロワイヤル氏のアニメ批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

セゴレーヌ・ロワイヤル氏によるアニメ糾弾(2)

 先のフランス大統領選挙で初の女性大統領になり損ねたセゴレーヌ・ロワイヤル氏の、日本のアニメに対する1989年当時の見解(今も同じ?)を続けてご紹介いたします。

 と言っても今回の内容は、アニメではなく、特撮・戦隊シリーズ作品、特に『超電子バイオマン』に対するロワイヤル氏の懸念と、それに対するXerbias氏の分析です。


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ロワイヤル氏のアニメ批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

セゴレーヌ・ロワイヤル氏によるアニメ糾弾(1)

 先日のフランス大統領選挙で敗れたセゴレーヌ・ロワイヤル氏が、18年前に書いたアニメ批判本の内容を少しずつご紹介していきます。

 日本のアニメに直接的に言及している部分を太字に致しましたので、すべてを読むお時間のない方は、(2)以降の太字の部分をお読みください。

 セゴレーヌ・ロワイヤル氏の日本アニメに対する立場については、「フランスで日本アニメが禁止に・・・?」(ニュース超速報!様)として話題になりました。

 彼女の立場を明確に表明したものが、1989年に出版された『チャンネルを変えまくる子どもにはもううんざり(副題:テレビ番組での殺戮・行き過ぎ?)』(Robert Laffon社)です。この本を、抜粋して紹介・分析しているサイト:Ségolène Royale contre l’animation japonaise(「日本のアニメーションを糾弾するセゴレーヌ・ロワイヤル」)の管理者、Xerbias氏から訳と紹介の許可を得ました。

livre de Royal1.jpg


 先ずは、上記のサイトの1頁目、Xerbias氏による概括的な説明をご紹介いたします。


〜以下、訳。


続きを読む
posted by administrateur at 21:42| Comment(0) | TrackBack(2) | ロワイヤル氏のアニメ批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

仏人オタクの『コードギアス』評

 ゴールデンウィークも終わりですね・・・。

 そんなことより、フランス人のオタクによる『コードギアス 反逆のルルーシュ』評をご紹介であります!

 体制打倒派と体制改革派、占領者と被占領者、反乱派と恭順派、演技と本性、純血と寛容、民族主義と普遍主義・・・というような様々な二項対立が錯綜し、軽やかに疾走するこの作品、なかなか厄介だと思うのですが、普通に楽しまれているようです。
 
 ただ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の海外反響を既に紹介しているページ(Moonlight Fantasia様)にもあるように、他のメジャー作品ほどの知名度や人気はまだ無いようです。

 AnimeKaとAnime-Kunから作品紹介のページに投稿された批評(といっても感想程度のものですが)を三つ。興奮ぶりが伝わってきます。でもなぜか「スタジオ・CLAMP」・・・。


〜以下、訳。

続きを読む
posted by administrateur at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コードギアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

フランス人オタクによる「アニメ鑑賞ガイド」(1-2)

 フランス人オタクが作成した「アニメ鑑賞ガイド」の続きです。

 おそらく多くのフランス人にとって(もちろんステレオタイプにとらわれない人もいますが)、「日本=保守的、伝統墨守、集団主義的、競争社会、多神教的」ってのはデフォルトではないかと思われます(逆に「フランス=進歩的、「革命」堅持、個人主義的、平等社会、一神教的」という認識が対置されているわけですが)。そのデフォルトに従ってアニメも解釈されている面がありそうです。


 文中の引用画像が見にくい場合は、参照先のページをご覧ください。


〜以下、後半の訳。

続きを読む
posted by administrateur at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 「アニメ鑑賞ガイド」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

フランス人オタクによる「アニメ鑑賞ガイド」(1-1)

 日本のアニメや漫画を紹介するフランス語圏のサイト「AnimeKa」のフォーラムに、「アニメ初心者用鑑賞ガイド」なるものが投稿されておりました。作成者はかなりのアニメ通とおもわれる金属殿様(Metallord)氏です。

 日本人が読むと首をかしげてしまいそうな指摘がいくつかありますが、おそらく日本に対する「イメージ」が反映しているのでしょう。

 フランスで日本のアニメに人気があるとは言え、日本との接点がアニメしかないというフランス人は結構いるのではないかと思います。元々あった日本人に対するステレオタイプや誤解が、アニメ視聴によってさらに固定化され、再生産されるという悪循環がありそうな気がします・・・。

 長いので、前半だけご紹介いたします。なお。「*」が付された部分は訳者による補足です。

 なお、引用画像が見にくい場合は参照先を開いてご覧ください。

〜以下、訳出部分。

続きを読む
posted by administrateur at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 「アニメ鑑賞ガイド」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。